side_ba02.jpg
side_ba_new.jpg
side_info_img.jpg 
  完全予約性
  セッションルーム
  ボディートーク
    〒531-0061
  大阪市北区長柄西
      1-3-22-715
   
  MAPを見る
ボディートーク新大阪
  大阪市淀川区西中島
  4-5-4ワイズコート新大阪
  601
  MAPを見る
TEL
   06-7174-3977
   090-2760-6669
Mail
silksilksilk7@gmail.com
qr.png
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯ホームページへアクセスできます

HOME > ブログ > アーカイブ > 2013年1月アーカイブ

ブログ 2013年1月アーカイブ

金刀比羅宮に行ってきました(*^ー^)ノ☆。・:*:.・★

DSC_0014.JPGのサムネール画像
エネルギーの高いパワーを
頂いてきました
(*^ー^)ノ☆。・:*:.・★

昨日ようやく、金刀比羅宮に行ってきました。

ここから、第一段が始まります。


本殿まで783m~



















2023.1.29金刀比羅本殿.jpg
         金刀比羅宮本殿 783段の階段を上がりようやく到着q(*^O^*)p v(*^o^*)v

         皆の幸せと健康、世界平和、ボディートークの普及による 
         医療費の削減などなど・・・お祈りしてきました。

DSC_0022金毘羅神楽殿.jpg本宮横の神楽殿

DSC_0019大木.jpg
DSC_0020奥社の途中.jpg










本殿(783m)より、奥社(585m・海抜421m)
この辺りから、エネルギーパワーがアップしていたようでした。






DSC_0025こんぴらうどん.jpg
















だしがなく、しょうゆをかけて頂く「しょうゆうどん」です、
かやくご飯とエビ天ぷらうどんで、
850円でした
                             
DSC_0024こんぴらうどん、しょうゆ.jpgのサムネール画像













DSC_0027琴参閣.jpg

DSC_0029琴平駅.jpg








   琴平電鉄 琴平線の終点。琴平駅




この辺りで一番大きな旅館です。
少し覗きましたが、すご~く広いです。
綺麗(*^ー^)ノ☆。・:*:.・★



DSC_0030金毘羅お土産.jpgのサムネール画像   「金陵」のここでしか買えないお酒です。「吟醸 金陵の郷」 1575円
   干支の蛇の土鈴の開運置物  1000円
   交通安全のホルダー 500円
    などなど・・・(*^ー^)ノ☆。・:*:.・★

   降りてくる途中から脚の筋肉痛の予感(;>_<;)ビェェン
   今日はやはり、筋肉痛です。 翌日に症状がでるのは、まだ若いかな?(*^ー^)ノ☆。・:*:.・★


インド料理(*^ー^)ノ☆。・:*:.・★

高松インド料理.jpg
  今日初めて高松でインド料理屋さんにいってきました。インドネシアと書いてありましたが・・・

  高松の田町の商店街にある 田町ビル2階の「タリ―スパイス」というお店です。

  これで、飲み物が別途付き(写真はスープです)ディナーで1080円

  お店入口のビラを持っていくと、10%引きで 972円で お腹いっぱい(●^0^●)/*

  美味しかったデス(*^ー^)ノ☆。・:*:.・★
  
  ランチも600円くらいからあり、何とこれも同様10%引きになります。

  今度行ってみようっと(*^o^*)ゞ

ボディートーク説明会&体験セミナー&簡単セルフケア体験会

日時】 2013年3月23日(土)   5階 52会議室  定員 30名
                    4月10日(水)   5階 51会議室  定員 36名
                         5月  3日(金)     5階 51会議室  定員 36名

【場所】 香川県高松市 サンポートホール高松 10時~
     〒760-0019 香川県高松市サンポート2番1号
      TEL(087)825-5000

mapサンポートホール高松.gif
   
●アクセス●
   JR高松駅から徒歩3分
   ことでん高松築港駅から徒歩5分
   高松港から徒歩2分
   高松自動車道 高松中央ICより国道193号へ 車で約20分
   高松空港からことでん高松空港リムジンバス 高松駅行き乗車 40分

【内容】   ボディートークとは何かの説明・症例案内・セッション体験・
       自分で出来る簡単セルフケアの一例

【担当施術者】JBA・IBA認定 ボディートークプラティクショナー 
       古原生美子 / 衣川博子 
【定員】   30名

【参加費】  説明会&簡単セルフケア体験&体験フルセッション
            先着10名様限定 優待価格 6、000円

       説明会&簡単セルフケア体験 1,000円

【特 典】 フルセッションでご利用頂ける3,000円引き券プレゼント
      フルセッション(通常10,000円~15,000円)を5,000円で施術を
      受けられます

※ 当日ご参加出来ない方は別途対応させて頂きます。
※ 体験セッションをご希望の方は人数に制限がございますので、
  お早目のご予約をお願い致します。
※ 当日以外のフルセッションのご予約もお受け致します。

【お申し込み先】 古原生美子 090-2760-6669
                silksilksilk7@gmail.com
    お申し込みフォームより http://www.t-h-c.jp/inquiry/site/

 お電話・メール・お申し込みフォームのいずれかでお申し込みお願い致します。
 事前予約制となりますのでご連絡お願い致します。


今日は、ふぐ懐石♪

DSC_0008ふぐ盛り.jpg
DSC_0009ふぐ刺し&皮ポン酢.jpg
瓦町近くの百とらという、ふぐの専門店に行ってきました。
ふぐ刺しはこれで、一人前(*^ー^)ノ☆。・:*:.・★
そして、これに、唐揚げも(少々骨が多かったですが・・・(;>_<;)ビェェン)
あとは、仕上げの雑炊は、作ってもってくきてくれました。
少々甘めでしたが、飲み物別で約5000円でした
ふぐ刺しと、唐揚げの一人前の量に驚きでしたq(*^O^*)p v(*^o^*)v

初パン教室でしたq(*^O^*)p v(*^o^*)v

         初パン教室2.JPG 

左 ミルヒブロート                     右 ライブレッド

他のパンとの違いはコンデンスミルク             以前のブラウンブレッドとほぼ同様です
生クリーム・卵黄・牛乳が入った                 違いは食パンが7割にライ麦粉(細挽)3割
濃厚なパンです♪ヴリオッシュのような感じ          ブラウンシュガー⇒三温糖
その他は                              スキムミルク  ⇒ヨーグルト(プレーン)
菓子パン専用粉                          ウォールナッツ⇒レーズン
イースト
砂糖                                  鉄板余熱が300度
塩                                   焼成(蒸気)170度に下がるまで待ちます
有塩バター     
水                                  レーズンの前処理
バニラオイル                             レーズンと合わせてトータル500ccの水の
                                     3%の食塩で30分つけた後、水洗い後
                                     水分を軽く拭き取る
初パン教室.JPG
左の三つの器              ロールパン   ライブレッド  ベーコンとチーズのサンドパン
アマンド・オ・ショコラ  ↑       
(パレンタインデーに最適です(*^ー^)ノ☆。・:*:.・★)

グラニュー糖と水・バニラビーンズで105度までなるまで煮詰め
そこへ前準備した(140度で12分~13分ロースト)
カラメル状になったらバター投入し混ぜる
鉄板シートに載せ、1粒ずつわけて冷ます
冷めたら、ボールに移し45度に溶かしたクーベルチョコを少量入れ、チョコが固まるまで混ぜる
これを、4~5回繰り返す。3つの量にわけ、1、パウダーシュガー2、ココア3、抹茶で和える

今年より、先生宅教室新築の為新しい先生に教わります(*^ー^)ノ☆。・:*:.・★
宜しくお願いいたしま~すq(*^O^*)p v(*^o^*)v


2013年明けましておめでとうございます

あけましておめでとうございます(*^ー^)ノ☆。・:*:.・★

今年からゴールドの時代に入っていきます
本年が皆さまにとって素晴らしい年になりますように
宇宙、地球全てが健康で平和になりますように、
健康とは 精神的、社会的、身体的においてバランスがとれている状態です。
のお手伝いをさせていただいております。
h_inenga592013年年賀状.jpg




1

« 2012年12月 | メインページ | アーカイブ | 2013年2月 »

HOMEへ / このページのトップへ