side_ba02.jpg
side_ba_new.jpg
side_info_img.jpg 
  完全予約性
  セッションルーム
  
    〒531-0061
  大阪市北区長柄西
      1-3-22-715
   
  MAPを見る
新大阪
  大阪市淀川区西中島
  4-5-4ワイズコート新大阪
  601
  MAPを見る
TEL
   06-7174-3977
   090-2760-6669
Mail
silksilksilk7@gmail.com
qr.png
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯ホームページへアクセスできます

HOME > ブログ > アーカイブ > 2014年7月アーカイブ

ブログ 2014年7月アーカイブ

「目の学校」のトレーナーに上位成績で合格

七田チャイルドアカデミーの「目の学校事業部」のトレーナーの試験に合格しました。

試験官の方より「かなり上位の成績で合格されました」と、皆さんの前で、お言葉を頂戴しました。

近々、神戸の三宮教室がオープン予定です。
その三宮教室担当予定です。

目は人間が生きていく中で、とても重要な位置づけです。

私たちが情報を得るのには。8割が目から入ります。
目で見た情報が脳で判断され指令が出されます。
その脳にいく情報が誤った情報であれば、結果が大きく異なってきます。

・例えば、塾に行かせても一向に成績があがらない、
・字を書くの片方右ばかりに傾いて書いたり、
・物を見るのに、必要以上に顔を近づけたり、顔を傾けたりする、
・本を読むのが嫌い、
・物を見ている時、目をこすったり、瞬きをしたり目を細めたりする、
・板書を写すのが遅い、
・授業中に落ち着きがない、
・はやみ、コンパス、ボタンかけなど手先使いが不器用、時間がかかる、
・大きな音が嫌い、賑やかな場所が苦手、など普段から恐がり。
・球技が不得意、
・自転車乗りが危なっかしい・・・・などなど

沢山まだまだありますが、これらの原因が「目」に有る可能性があります。

一度、「目のチェック」をしてみてはいかがでしょうか?
この改善により、成績がアップしている子供たちが多くいます。

お急ぎの方は神戸の板宿教室をご案内させて戴きます。

image.jpgのサムネール画像


今日から千葉にてセミナーの為移動です

8:50発高松
10:30 成田着

連休前で、価格上昇(^^;;


image.jpgimage.jpg
image.jpg


image.jpg
image.jpg




70歳以上 認知症リスク倍増

低栄養 認知症リスク倍増...70歳以上、赤血球など調査

都健康長寿医療センター研

 健康診断の血液検査項目の赤血球数やHDL(善玉)コレステロール値、アルブミン値が低いと、認知機能の低下が2~3倍起きやすいとの研究結果を、東京都健康長寿医療センター研究所のグループがまとめた。栄養が低い状態が将来の認知症のリスクを高めることを示す結果で、老年医学専門誌に近く発表する。

 同研究所の谷口優研究員らは、群馬県と新潟県に住む70歳以上の1149人の暮らしぶりや健康状態を調べて、認知症が疑われた人などを除いた873人を追跡調査(平均2・7年)した。

 調査開始時の赤血球数、善玉コレステロール値、アルブミン値を、それぞれ「低い」「普通」「高い」の3群に分け、その後の認知機能の変化との関係を調べた。その結果、それぞれの値が低い群は高い群に比べて2~3倍、認知機能が低下しやすかった。

 赤血球は鉄分、コレステロールは脂質、アルブミンはたんぱく質の状態を示しており、これらの数値の低い低栄養の状態が、認知症のリスクを高めていると考えられる。

 谷口研究員は「高齢者は、認知機能を維持するためにも、粗食ではなく、肉や魚、牛乳などを積極的にとった方がいい」と話している。

(2014年7月14日 読売新聞)



今回のパン教室メニュー♫ ザ・ベリーズ&ミルティーユ&パルフェ・ショコラ

pan20140711.jpg
                                              
     ↓ ミルティーユ                           ↓ ザ・ ベリーズ
pan20110711-2.jpg

ミルティーユはフランス語でブルーベリーのことだそうです。


菓子パン粉にカスタードクリームとブルーベリーを乗せ、金粉、本当はトッピングシュガーを
おしゃれに片方だけ降るのですが、忘れてしましました(-。-)y-゜゜゜

ザ・ベリーズは、フランスパン粉にライ麦と小麦胚芽が入ります。
又、発酵種は前日に、フランスパン粉とイーストと水で発酵させます(ラップして冷蔵庫)12時間~18時間

中には、ドライクランベリーとドライブルーベリーそして、ピスターチオを刻んだものがはいります。
バターやお砂糖もはいらず、ヘルシーですが、コスト高の美味しいパンです(^_-)-☆

パルフェ・ショコラ
生クリーム、卵黄、グラニュー糖、水、クーベルチョコ、トッピングにラズベリーソースです。

脳卒中・脳外科の専門医の4割が燃え尽き症候群!!!

脳卒中・脳外科専門医の4割が燃え尽き症候群

2014.7.8 08:06

 脳卒中専門医らの4割は過労やストレスから仕事への意欲を失う「燃え尽き症候群」であるとの研究結果を、九州大や国立循環器病研究センターのチームがまとめた。燃え尽き症候群は医師の退職や医療事故につながる。チームは「治療拠点を整備して人材を集約すれば、長時間労働などを解消し医師の負担を軽減できる」としている。

 チームは平成23年、全国の脳卒中専門医や脳外科専門医1万741人に極度の疲労の有無や、仕事に意義を見いだせるかを質問。有効回答のうち2564人分を解析した。その結果、全体の41%に燃え尽き症候群の疑いがあり、重篤な人も同22%に上ることが分かった。



1

« 2014年6月 | メインページ | アーカイブ | 2014年8月 »

HOMEへ / このページのトップへ