side_ba02.jpg
side_ba_new.jpg
side_info_img.jpg 
  完全予約性
  セッションルーム
  ボディートーク
    〒531-0061
  大阪市北区長柄西
      1-3-22-715
   
  MAPを見る
ボディートーク新大阪
  大阪市淀川区西中島
  4-5-4ワイズコート新大阪
  601
  MAPを見る
TEL
   06-7174-3977
   090-2760-6669
Mail
silksilksilk7@gmail.com
qr.png
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯ホームページへアクセスできます

HOME > ブログ > アーカイブ > 2016年3月アーカイブ

ブログ 2016年3月アーカイブ

久しぶりのパン教室

heart02久しぶりのパン教室でした!
二月は先生のご都合によりお休みでしたので、
久しぶりのパン教室となりましたlovely

玄米粉の入ったフランスパン
レーズンの入ったカップケーキ
フレンチトースト用食パン

IMG_20160330_130941.jpg

姑がベッドから転倒!! その時のした治療法で

3月25日にベッドから転倒して、起き上がれなくなり

ようやく自力を振り絞って、契約しているセコムを呼んだ姑。

セコムの方々が来られて、ベッドに持ち上げて下さりました。


背中・胸・両肩・右足に打撲

左足に切り傷等、後頭部に打撲によるたんこぶ・・・

85歳ではとても辛い痛みだったでしょう!

通いの看護師より、湿布を施されていました。


思い起こせば、1ヶ月前に風邪を引いてから体力が低下してきました。
食欲だけは旺盛な方でしたが、ご飯が食べられず、好きなクロワッサンも
ひとかじりしただけで、硬くなっていたそうです。

その後又、風邪を引き今回の結果になったようです。

25日午後8時半
姑からの電話。
お金を降ろしたいし、話もあると。

翌日神戸に向けてのバスの中
留守番電話があり。
いつもの様子でない事を心配され、ケアマネジャーから連絡があり
高松から甲子園まで飛んでいきました。

着くやいなや、姑から、こんなに体力が無いなんて自身がなくなった。
ヘルパーさんから、独居から考えられたらと提案があり。
自由な生活が好きな人が、ショートステイや
ディサービスも拒んで居た人が
弱音を吐きました。

主治医は、東京で研修で往診不可能です。

痛がるのは圧迫骨折の可能性も有るため
救急車で、入院する方がとの提案。

救急車を呼び関西労災病院で、緊急で検査しましたが、入院するほどの
ことも無く異常も無い。
その後変化があればすぐ電話して下さいと返されました。

きっちりと、入院したくをしていったのですがup

夜が心配で、ずっとそばにいました。

「ボディートーク」の大脳皮質、体化学、傷のそれぞれのタップ

そして、経絡リンパケアマッサージを繰り返しました。

15分~20分間隔で痛みによりベッドから起き上がる、
繰り返しでしたが

その度に、経絡リンパケアマッサージ、ボディートークを繰り返しました。

その度に、起き上がる動作も早くなり、本人曰く
「頭の後ろの痛みが凄く楽になった」

そして、おせんべい、おなか減ったと納豆巻きと握り寿司もペロリと食されました。


検査で疲れて、入院も出来ず、「腹立つから、いっぱい食べに行こう!」

ということで、緊急でショートステイする「アマルネスガーデン」

photo01.jpg 
  
                     photo05.jpg   
    
photo04.jpg

にいくまえに寿司屋によりました。

「ああ!!
久しぶりに美味しいお寿司を頂きましたhappy01

ああ、本当に良かったです。素晴らしいボディートーク、経絡リンパケアマッサージ
そして人の温かさに感謝ですね。


1

« 2016年2月 | メインページ | アーカイブ | 2016年4月 »

HOMEへ / このページのトップへ