side_ba02.jpg
side_ba_new.jpg
side_info_img.jpg 
  完全予約性
  セッションルーム
  ボディートーク
    〒531-0061
  大阪市北区長柄西
      1-3-22-715
   
  MAPを見る
ボディートーク新大阪
  大阪市淀川区西中島
  4-5-4ワイズコート新大阪
  601
  MAPを見る
TEL
   06-7174-3977
   090-2760-6669
Mail
silksilksilk7@gmail.com
qr.png
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯ホームページへアクセスできます

HOME > ブログ > アーカイブ > 2019年3月アーカイブ

ブログ 2019年3月アーカイブ

人生を育成する源は「意識」

人生を育成する源は「意識」

「人生」とは、書いて字の如く人間の一生です。

  では、人間以外ではどうでしょうか? 
  そのものが生命を維持するために、何をしているのでしょうか?
  この地球にある他の生物でみたいと思います。

植物の観点では

  「光合成」とは植物が自分で生きるための養分を作り出す働き

      [光合成]  植物は,葉に日光を受けて,生活や成長に必要なデンプンなどの栄養分をつくり
      出 しています。このはたらきを光合成といいます。 

       植物の葉は光合成をするために日光を受けやすいよう葉がたがいに重なり合わな
        いように茎や枝についていたり,野原などで茎を高くのばしたりしています。 

動物(ペットの犬の場合)では
   
   犬だけでも色んな動作をします
      では、その動作をする意味を知ってみたいと思います。

    おじぎをする      ⇒ 遊ぼうよ、いいよ
       小首をかしげる     ⇒ あれは何の音だろう
     ★ 前足を乗せる      ⇒ 僕の方が強いんだぞ
       心ここにあらず         ⇒ 退屈だなぁ
     ★ 口をなめる       ⇒ ずっと一緒にいてね
     ★ 軽くタッチする      ⇒ ねぇねぇかまって!
     ★ 腹を見せる        ⇒ な~んにも心配ない! 幸せだなあ
     ★ 歯をむき出す        ⇒ 来たら噛みつくぞ!
     ★ 破壊行為をみせる     ⇒ もうこんな生活嫌!
     ★ 取っ組み合う       ⇒ 僕の方が強いぞ! いや僕の方だ!
     ★ 尻の匂いを嗅ぐ      ⇒ 君のこともっと教えて!
     ★ へっぴり腰               ⇒ 怖いよぉ

       ★印は特に意思表示をする動作だと思われます。
     それらの動作をして、飼い主やされた相手が反応します。
     人間は犬の表現をまだまだ理解出来ていないかも知れません。
     破壊行動をみせると、人間はきっと犬を叱るのでしょう・・・
     何がもう嫌なのかも、すぐに理解出来ないこともあります。

    植物や動物は、きちんと意思表示をして行動を起こしています。

    人間はありがたいことに、言葉で会話ができます。
                                   後日に続く

1

« 2018年4月 | メインページ | アーカイブ | 2019年6月 »

HOMEへ / このページのトップへ