side_ba02.jpg
side_ba_new.jpg
side_info_img.jpg 
  完全予約性
  セッションルーム
  ボディートーク
    〒531-0061
  大阪市北区長柄西
      1-3-22-715
   
  MAPを見る
ボディートーク新大阪
  大阪市淀川区西中島
  4-5-4ワイズコート新大阪
  601
  MAPを見る
TEL
   06-7174-3977
   090-2760-6669
Mail
silksilksilk7@gmail.com
qr.png
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯ホームページへアクセスできます

HOME > ブログ > アーカイブ > 蕎麦打ち

ブログ 蕎麦打ち

京都 手打ちそば塾 そしてそばの収穫祭

今日は、京都 の三条にある 有喜屋の手打ちそば塾に行って来ました。

全麺協会の初段部門を取得しましたが、
やはり、 有嬉屋流は少し簡易では在りますが、凄いです。
今回は、初回体験 を含め三度目になりましたが、そばの種蒔きからされておる、収穫祭が本日教室の後に開催されました。

場所は、 京都文化博物館の中にある 有嬉屋のお店です。

  先生は、三嶋吉晴先生で三代目だそうです。
2013年春には、黄綬褒章も受けられ、
地域の養護園などのボランティア活動もされています。

お刺身、焼き鳥 、エビ、薩摩揚げ、天ぷら、そして勿論、ざるそば、蕎麦アイスなど 盛りだくさん!

今日は、その養護園 の子供達も参加しました。
DSC_0099.jpg 

DSC_0089.jpg
DSC_0088.jpg

MWT 全国大会終了後、千葉で蕎麦打ちに参加

3/8は、湘南で一般社団法人メンタルウェルネストレーニングの第1回目の全国大会に
参加して参りました。

その翌日には、千葉在住のおりお世話になった  手打ち蕎麦の会に参加させて頂きまた。

会長にお願いして、「ルイボスティー」入りの蕎麦を打ちました。
お出しは、やはりルイボスティーで割ると美味しいです。
蕎麦は、やや固めになるようで茹で時間は長めの2分、もしくは細切りが最適のようでした。

image.jpg
image.jpg


その土地のカルチャーができるところを捜しています♬

昨年10月までは、千葉在住でしたが、現在は高松市在住です。
色々と、お陰さまでご要望を頂いておりますが、土地には不慣れなもので、
カルチャーを(例えば書道とか)継続的に使用できる施設が把握できておりません。
千葉では、沢山ありましたが・・・こちらは、インターネットで検索しても、詳細がなかなか
でてきません。

営利目的だと、生涯学習センターでは、使用料金が5倍とかになり、営利どころか
なかなか、カルチャーにもいきません。

どなたか、良い方法をご存知な方がいらっしゃいましたら、ご連絡いただければ幸いです。

千葉の手打ちそば会のホームページ

ざるそば.jpg

以前より依頼されておりました、千葉の以前所属しておりました

ふるさと文化大学「手打ちそばの会」のホームページを今日つくりました。

宜しければご覧いただければ幸いです~(*^ー^)ノ☆。・:*:.・★

http://teutisobanokai.jimdo.com

DSC_0258.JPG


蕎麦粉を頂きにいくと、何と歌手の「槇しげお」さんが\(゜ロ\)(/ロ゜)/

DSC_0202桃源4人.JPG
合宿で指導する、蕎麦打ちの粉を千葉県の蕎麦打ちの会長 私の師匠ですが、
その方にたのんでおりました。

それを頂きに、いきつけ?(ママがとってもお母さんみたいでいいのです)の桃源という
千葉駅西口すぐのお店にいきました。

先生が一緒に飲みましょうと、飲んでいると、\(◎o◎)/!

演歌歌手の 「槇 しげお」 さんが来られたのです。
この方は、稲毛区の区長なども務められた後、カラオケ教室の先生にレコーディングを
すすめられたそうです。
今では この 「桃源」 でもご自分でカラオケ教室をされており、蕎麦打ちの先生もその生徒です。

この槇さんは年一回 素人の歌の発表会を、四街道市民会館で開催されます。

なんとこの私も2回ほど出演させて頂きました。

槇さんが、歌われたビデオです。(*^。^*)


神戸わくわく探検隊の合宿が無事終了しました♪

8月21日~24日まで、 3泊4日 幼児から中学2年生まで、総勢 子供が20名の合宿でした。

今年の私の講義担当指導担当は、「マインドマップ初級講座」と」「蕎麦打ち」その他は漢字検定や

電気のこで造る木工のフォロー、私も初体験でお~真剣!!そして暗記法、が主でした。

昨年は、メンタルウェルネスとレーニングもありました。

なかなか、マンンドマップは大人顔負けの素晴らしいものが多々ありました。

中の一人は、実際に、試験勉強にも使っているようでした。素晴らしい!!のひとこと!

良かったのか、来年もオファーを頂き、プラス、書道の依頼も頂きました。

とにかく、子供たちのエネルギーは素晴らしいものがあります。

どんどん賢くなっていくのが、自分の子供のように嬉しいですね。

来年は4泊5日の子供たちの要望がありましたが、先生たちの体がもつかどうかhappy02

とても、嬉しい悲鳴ですね。

 


合宿に向けて

8月21日から4日間

幼児から中学生までの合宿に参加します。

七田チャイルドアカデミーの関係の子供たちですが、昨年も「蕎麦打ち」、「メンタルウェルネストレーニング」

を指導、今年は同じく「蕎麦打ち」そして、「マインドマップ」を教える予定です。

普段から全脳教育のトータル学習をしている為が確かに通常の子供たちに比べてレベルが高いように感じます。

特に、この神戸の板宿教室、名谷教室は、七田以外にもいろいろと取り入れた素晴らしい教室です。

「ボディートーク」「ディクシャ」もそして、まだ、「マインドマップ」という表現はしていないようですが、

すでに、教えているようです。初級講座を基本にしてきます。

子供たちなので、子供ナイズが多々ありますが、楽しみですね。

準備も大変?ですね(*^ー^)ノ☆。・:*:.・★

そして、それが終われば、サラリーマン時代のメンバーと同窓会?

その後、ボディートークの総会、モジュール6のワークショップに参加予定です。

この予定は当初もっと短い物でしたが、実にかの「素質論」を使い、主人のOKを軽くもらいました。

キャ━(*≧∇≦*)━☆★

こんなことにも素質論は、日々いかせるんですね。(*^o^*)ゞ

楽しくなりますよ~(#^○^#)はぁ~い!


蕎麦打ちです

一か月振りの蕎麦打ちでした~♪

しかし、何と一回目の水量を多めに入れすぎたのと、のし棒が重すぎた
この2点で凄く伸びすぎました。柔らかすぎ(;>_<;)ビェェン

でも、美味しかった~q(*^O^*)p v(*^o^*)v
今度はきちんと気をつけます♪ DSC_0085.JPG


今日は蕎麦打ちと書道の日(*^ー^)ノ☆。・:*:.・★

今日は一カ月ぶりの蕎麦打ちの日、勿論室内でするのですが、
粉から、のしをするのに、大変力がいります。今から(~_~;)(;>_<;)ビェェン

今日のもう一つのスケジュールは書道の個人指導

先週は素晴らしい出来栄えの書を書いてくれました。

今から思えば、写真を取っておくべきだったと反省、今日も別のコンクールに出す物を書きます。
今日こそは、お母様了解してもらい、ホームページにアップできるといいな~(*^ー^)ノ☆。・:*:.・★

 


健康に良い蕎麦

5月15日(日) 千葉のきぼーるで全国素人名人蕎麦打ち大会が開催されました。

DSC_0066.JPG実は私は蕎麦教室に通っており、昨年秋に「全国素人そば打ち大会」で初段に認定されました。

(全国麺類文化地域間交流推進協議会主催)

そこで、ご教授頂いている先生(千葉県そば推進協議会 常任理事)がその名人選にでられると

いうことで応援にいきましたhappy01

 

DSC_0068.JPG

 お蕎麦はご周知のように「健康に良い」と言われています。

たんぱく質のアミノ酸そして、ルチンを含んでいます。(以下Wikipediaより抜粋)

ルチンは俗に「健康によい」として様々な効能が謳われており、抗炎症効果や血流改善効果については数多くの論文にて報告されている。国立健康・栄養研究所の報告でも変形性関節症に対する有効性について言及されている[1]。また、当該化合物生体代謝産物となる活性本体、クエルセチンについても、非感染前立腺炎の治療に対して有効性が認められている[2]ほか、ドイツのコミッションEにおいても花粉症による炎症の抑制効果について効果が認められており、栄養学の見地からは、フードファディズムとは一線を画する微量栄養素と考えられる。

ソバは 食品衛生法によるアレルゲンの特定原材料5品目の一つとして表示が義務付けられており、ソバから抽出されたルチンには、不純物としてソバアレルギーの原因蛋白質が含まれる可能性がある

一度体験して、食べると病みつきになりますよ~bell

ちなみに私が通っている教室は、第2月曜日の9時~12時と予備として、第4金曜日の13時~17時です。月曜日は体験して、その場でざるそばを食せますよ。千葉コミュニティーセンター5階です。

お気軽に体験できます。2,000円で体験試食+打った蕎麦をお持ち帰り~いいですよ♪

 


1

« 蕎麦会 | メインページ | アーカイブ | 野生ルイボスティー »

HOMEへ / このページのトップへ