HOME > 素質論 > 素質論の活用法 > 素質論の活用法

素質論

< お客様の声の一例  |  一覧へ戻る  |  素質タイプ それぞれの3桁 3タイプ >

素質論の活用法

 活用してどうなるの?

先ず、知っていると思っている「自分」が客観的に見れて把握でき、
セルフチェックでき、改善の手助けとなります。
相手が理解できて、苦手・嫌い意識からうまくコントロールできるようになります。
人間関係が円滑にいき、信頼関係が生まれることにより、大きな副効果が様々な形となって現れます。



例えば: 
営業で取引先との信頼関係が出来業績が上がった
上司・部下・同僚と上手く快いコミュニケーションができた
企業の人事異動で組織が円滑にいった
夫婦関係がうまくいくようになった
舅・姑関係が円滑にいくようになった
親子関係の信頼がうまれ家庭円満になった
恋愛が関係がうまくいった
傷害・犯罪までが減った
笑顔ができるようになり、人気が上がった
何よりも、心が軽くなり全てが楽しく生きられるようになった
不安がなくなった

などなど、統計学ですのでほぼ当たっており、その精度は80%といわれております。
(残り2割は その内1割  「遺伝」 その内1割  「元々の素質と違う育て方をされた」)

いずれにしても、カウンセリングではなく高い精度の統計学なので信頼して頂いております。
  
「CANCODE」を学習すると、そのコードを持つ方の
「心的傾向性」・「行動特性」・「バイオリズム」などがわかります。
学習レベルがアップすると、手放せない「ツール」になっていきます。
以下は、活用効果のほんの一例です。参考までにご覧ください。

ご自身の「CANCODE」の特性を理解することで、自分自身の強みと弱みを発見できるツールとして
活用いただけます。自分に自信が持て、「自分らしく」生き生きした人生がおくれるようになります。

相手の「CANCODE」の特性を理解することで、より的確に相手の考え方や気持ちを汲み取る事が
できるようになります。その結果、コミュニケーションスキルが向上し円滑な人間関係を築くことができます。
人間関係が良くなると毎日の生活が楽しくなります。

顧客が求めている接客方法(アポイントの取り方/惹かれる資料作成のポイント/プレゼン方法/
クロージング方法/アフタフォローの仕方)などが解り、ビジネスをスムーズに運ぶことができる様になります。
顧客が求める商品やサービス、意思決定のパターン等を把握することで、ピンポイント営業で抜群の
威力を発揮します。

上司に高く評価してもらうポイントをおさえることにより、上司との意思疎通がスムーズになります。
もう上司はあなたのことが手放せなくなるかも!?

相手の方の「CANCODE」の特性から、恋愛観/デートの誘い方/心に響く言葉(とろける一言)/
どんな告白をされると嬉しいか/どんなプレゼントが好きか/喧嘩になりがちなパターン/仲直りの方法/
別れ方などがわかるようになります。

「しつけ」のつもりが、つい「おしつけ」になっていませんか? その子に合った褒め方/
叱り方等が良く解るようになります!
子供の才能を引き出してあげてください! (キャンコードファンクラブより)


mental2.jpg
    
■恋愛関係


   ・好きな人に、自分に対する関心を抱いてもらうための糸口がつかめます
   ・夫(妻)、恋人のやる気を引き出してあげることができるようになります
   ・夫(妻)、恋人のこだわりのポイントを理解してあげられます
   ・お互いが、心地よいと感じる接点を見出すことができます
   ・お互いを、高め合うためのコツを習得することができます 等々

 ■仕事関係


   ・部下のやる気を引き出してあげることができます
   ・役割分担が明確になることで適材適所ができ、組織が活性化します
   ・人の特徴や能力を的確に知り、人を活かすことができるようになります
   ・短期間で組織内で成果をだすためのポイントがわかります
   ・いつ、どのような手を打てば最適なのかの指針がもてるようになります
   ・顧客のニーズが短時間で把握でき、どのような対応が効果的なのかがわかります 等々

■親子関係


   ・子供のやる気を引き出してあげることができるようになります
   ・子供がどのような愛情表現を求めているのかがわかるようになります
   ・子供を 「すくすく・のびのび」 と育てることができるようになります
   ・子供の才能を最大限に引き出すための指針が持てるようになります
   ・家族内でお互いを高め合うためのコツを習得することができる 等々

■自分自信との関係


   ・自分自身が何を大切にしているのかがわかり、明確な人生の指針が持てるようになります
   ・やる気が出て、自信が湧いてくるようになります
   ・自分の才能が何かを知り、それをどのように開花させれば良いかがわかるようになります
   ・自分自身のやる気がダウンした時に、その理由と対処方法がわかるようになります
   ・自分自身の意識を高めるためのコツを習得することができるようになります 等々



例えば、『素質ベクトル』の3通りでは


『ベルトルH』は何よりも人との繋がりを大切にし、お互いの気持ちを確かめながら、
   信頼し合える人間関係を築きます。
   最終的には誰からも親鸞できる人物を目指します


『ベクトルE』は何よりも無駄なく効果的に夢や目標を達成することを大切にし、自分のペースで
   自分の好きなことができる世界を築きます。
   最終的には、誰からもやり手と認められる人物を目指します。


『ベクトルA』は何よりもワクに縛られないような可能性を大切にし、周りから一目おかれる
   スケールとステータスを築きます。
   最終的には誰からも認めてもらえるエネルギーのある人を目指します。


上記の
『ベクトルH』の部下を持つ上司なら
「君に任せる」のでは、なく、事細かく報(報告)連(連絡)相(相談)をとり、一緒にやっていくという形がベターです。一人、放り投げ出された感を持たせると、孤独になり、不安になります。

もし、彼女が 『ベクトルH』 ならどうでしょうか?

デートの場所や食事の内容などは彼一人の独断は禁物です。
一緒に相談して、決めるのがベターです。

等など一側面の事例でも、場面により、多くの答えがでてきます。
つまり、人それぞれの価値観や精神性の違い、そこから生じる行動特性や好きな対応、
嫌いな対応、やる気になるポイント等の違いについて理解を深めておくことが、
コミュニケーション力を向上させ、お互いを高めあうことができる 『質の高いコミュニケーション』
を可能にしてくれます。



akushu.jpg


詳細 http://cancode.net/cancode_info/index3.php


< お客様の声の一例  |  一覧へ戻る  |  素質タイプ それぞれの3桁 3タイプ >

カテゴリ:

HOMEへ / このページのトップへ